April 02, 2009

クラウド・サービス市場規模

ガートナージャパンは2009年4月1日、2009年の全世界におけるクラウド・サービスの売り上げが前年から21.3%増えるとの予測を発表した。その場合の市場規模は563億ドル(約5兆6300億円)程度になる。「クラウド・サービスの低コスト性はユーザーにとって魅力的であり、その成長を後押しする」とガートナーはみている。2013年に市場は1501億ドル(約15兆円)規模に達するとしている。

クラウド・サービス市場は20%成長、ガートナーが予測
posted by atfuji at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場規模(IT)

March 29, 2009

デジタルサイネージ市場規模

同調査対象の事業者の動向をベースに、2008年のデジタルサイネージ市場規模を推定すると、ハードウェア(表示装置、サーバー、プレーヤーなど)および、通信回線費用、配信ソフトウエアが311億円。表示コンテンツ(ニュース、天気予報などの情報料、広告費、販売促進費など)が248億円で、合計して約560億円と推定される。

デジタルサイネージ、2015年には1兆円市場に成長する可能性も――シード・プランニング調べ
posted by atfuji at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場規模(IT)

テレプレゼンス市場規模

参加者全員が同じ部屋にいるような感覚になるビデオ会議、テレプレゼンスの市場は今後大きく飛躍する見込みである。2007年、テレプレゼンス用の機器、ネットワークサービス、マネージドサービスなどの市場規模は全体で1億2600万ドル未満だったが、2013年には25億ドル近くに達するだろう。

2013年、世界のテレプレゼンス市場は約25億ドル規模へ
posted by atfuji at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場規模(IT)

配信サービス市場規模

インターネットを利用した動画や音楽などコンテンツ(情報の内容)配信サービスの市場規模が2009年には5000億円を突破する見通しとなっていることが、富士キメラ総研の調査でわかった。

動画・音楽コンテンツなど配信サービス市場、5千億円突破へ
posted by atfuji at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場規模(IT)

March 27, 2009

IT市場規模

 IDC Japanは3月10日、2009年の国内IT市場がマイナス成長に転じるとの見通しを明らかにした。同社では、2009年の国内IT市場の前年比成長率はマイナス1.7%、市場規模は12兆3,788億円になると予測している。国内IT市場の前年比成長率がマイナスとなるのは、2003年以来だという。

2009年の国内IT市場、6年ぶりのマイナス成長に
posted by atfuji at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場規模(IT)

インターネット関連ビジネス市場規模

 電通が毎年発表している「日本の広告費」の2008年の数字(pdf)が明らかになった。新聞・雑誌はいずれも2桁以上のマイナスで、新聞は12・5パーセント減の8276億円。雑誌は11・1パーセント減で4078億円。テレビも4・4パーセント減で1兆9092億円だった。
 一方、インターネット広告費は、16・3パーセント増で6983億円である。

報告書では、「インターネットに関する新たなビジネス市場規模の算入範囲」を、広告料収入と課金収入および「消費者が自ら積極的に商品・サービスを紹介することで、それを閲覧した消費者が購買した金額(アフィリエイト・プログラム経由の販売額など)」としている。
 こうした考えにもとづいて「日本におけるインターネット関連ビジネスにおける市場規模」を次のように合計1兆9720億円とはじき出している。

ネット広告は新聞広告をもう抜いている?
posted by atfuji at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場規模(IT)

コンシューマー向けコンテンツ配信ビジネス市場規模

富士キメラ総研(本社:東京都中央区)が2009年3月19日に発表した調査レポートによると、2008年の国内コンテンツ配信ビジネス市場規模は、コンシューマー向けが前年比12.7%増の4322億円、法人向けが同3.7%増の560億円で、2012年にはそれぞれ5525億円、780億円に拡大する見込みという。

2008年国内コンシューマー向けコンテンツ配信ビジネス市場は4322億円 富士キメラ総調査
posted by atfuji at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場規模(IT)

March 26, 2009

IPコンタクトセンター市場規模

 IDC Japanは、2008年の国内IPコンタクトセンター・システム市場実績および2009〜2013年の市場予測を発表した。それによると、プラットフォーム用サーバやIP電話機を含む2008年の国内IPコンタクトセンター・システムの市場規模は、前年比6.4%増の410億円となった。同市場は 2008〜2013年まで年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)4.3%で成長し、2013年には505億円に達する見通しという。

2008年の国内IPコンタクトセンター市場規模、6.4%増の410億円
posted by atfuji at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場規模(IT)

SaaSの市場規模

 IDC Japanは3月24日、国内SaaS/XaaS市場規模予測を発表した。アプリケーション実行環境や運用サービスを提供するPlatform as a Service(PaaS)やコンピューティング環境全体をサービスとして提供するInfrastructure as a Service(IaaS)も加えたこの市場の規模は急速に拡大し、2013年には1436億円になると予測している。

国内SaaSの市場規模は前年比19.2%増、今後も急速に拡大--IDC Japanが予測
posted by atfuji at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場規模(IT)

March 25, 2009

Skypeの国際通話シェア

国際通信業界調査会社のTeleGeographyは24日、国境を越える国際通話トラフィックにおいて、Skypeが世界最大の国際通話プロバイダーになったとする調査結果を発表した。

調査によると、Skypeによる国際通話トラフィックは2008年に41%増加し、合計では330億分(5.5億時間)となった。これは、既存の国際電話とSkypeのトラフィックを合わせた国際間通話トラフィック全体の8%を占めることになる。

Skypeの国際通話シェアは8%、世界最大の国際通話プロバイダーに
posted by atfuji at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市場規模(IT)